Session/セッション

 

結局何回みたのやら。

でも

毎回見る観点が違うように思えます。

とはいっても、何度見ても最初のアメリカの音楽大学の雰囲気を映し出すシーンは

いいですね、好きです。

安心感と緊張感の始まりです。

 

いつもは登場人物のパッションのところを見ていましたが

今回は出演者はどれくらい本当に演奏しているのだろうか。実際に録音されている音は本人の演奏だろうか、それとも・・?

なんて見てしまいました。

主人公のDavisくんはこの映画のために相当ドラムの練習をしたと思います。

「っぽい」感じだとプロにはバレて、安っぽい映画に早変わりしてしまいます。

でもいつでも臨場感たっぷりな映画です。

学校のビックバンドクラスの他の生徒は

音大生とかプロ演奏者を引っ張ってきたのかな。

鬼先生のピアノはなんとかなったかな、という感じ。

 

鬼先生は実在しないけど、ミュージシャン一人ひとりの自分の中にあの厳しい先生はいます。

恥をかかせる、やったらやり返す、もうミュージシャンとして生きていかせないようにしてやる、なんていう人はあまりいないというか、そういう人はもうミュージシャンとしてやっていけてないので。あと実在するのは、守銭奴。笑 お金を払わない店のオーナー、分配しないグループリーダーなど。

怪我をしても、死んでも会場に行く、彼女と別れても練習する。

これも実在、というか基本です。

 

初心に帰る

初志貫徹

これが私の感想です。

おすすめ度★★★★★

 

次回はミュージカル映画「ヘアスプレー」

 

 

Session/セッション

HMVジャパン

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s