Keep the Faith

Michael Jacksonのアルバムのなかで

やはりDangerousが一番好きです。

当時はCDを購入するのは割りと高価な時代で

というかCDプレイヤーも高かったし

ツタヤでCDを借りてきて、カセットに録音し

すり減るまで聞いた。

これがアメリカかと、憧れた。

特に好きだった曲はKeep the FaithとBlack or White。

久々にヘービーリスニングしていますが

中学生だった時を思い出す。

 

今まで聞いたことのない言語、

伴奏のサウンド、リズム

ロックっていうのかこれがポップスっというのか

なのにでもなんかクラシックのコーラスみたいなのが入っていて

歌い方も聞いたことがない

最初は静かでだんだん盛り上がって

構成が松田聖子とはまったく違う

途中でリズムが変わったり

一瞬止まったり

この優しいメロディー

優しいマイケルの声

よくわかんない叫び声

4:52の「んがんが」ってのは一体何の意味があるのか

しばらく真面目に考えた

すべてが新しかった、新しく感じたフィーリングだった

これがアメリカの縮図なんだと思った

こんな素晴らしい世界が

こんな先端な世界が

遠い海の向こうに存在するんだ

なんかすっごく楽しそうだ

当時通っていたECCのテキストには

眉毛が太くむきむきの荒い男っぽい女性(マドンナ)

と眉毛が細く華奢な色白の美しい顔立ちの男性(マイケル)

のイラストがかなり衝撃だった

日本とは逆だった

日本の常識を覆した

「こうでなければいけない」という強い束縛に

違和感を感じた

 

アメリカが嫌いなおじいちゃんと

GHQの戦略が徐々に影響されつつある

私たちの世代に

何ができるだろうか

 

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s