消費生活と精神生活

わたしは生活とは二種類に別れていると思う。

消費生活は生きて行くために必要な物質で、最低限のものと贅沢品に別れる。

私はここでは贅沢品にフォーカスする。

精神生活は生死に関わりのない、芸術的や生産的、創作、自分らしさなもの。

私は音楽や人生を豊かにするもの。

 

消費生活はそろそろ飽きてきた。

お金さえ払えば手に入るし、新作はどんどん出てくるのできりがないが、またお金で手に入る。

というサイクルに飽きてきた。結局は満たされないように作られている気がする。

今やファストファッションの流れで、5年くらいはもつような高級ブランド品でも耐久性を追及するのは難しくなってきた。

性格上、いちいち流行を取り入れるのは若干面倒で、高級で長く使えるいいものを、というポリシーに合うものがなかなかないので疲れてきた。何しろものを捨てるのが苦手。Thanks メルカリ。

 

物質より精神が上。

そんなことを易々と語っていた私が一度消費生活にハマってみたものの

やっぱダメでした。物質欲も燃え尽きました。

所詮は生活。高級であろうと100均であろうと。

そこにインテリジェンス、効率を求めてもすぐに答えが出てしまい

つまらない。

 

自分の更なる向上を求めるならば

やはり精神生活を充実させ、比重を置いていなかければ。

 

この2年、パーソナルトレーニングで高い目標を掲げ、

精神生活が充実していて楽しかったが

達成した時点で消費生活にdowngrading。

生活、習慣、となってしまったのだ。

 

また次を見つけても、この繰り返しだろうか。

燃え尽き症候群の体質なのだろうか。

じっとしているのがストレスなのである。

 

続かなくてもいいからやってみるのがコツかなと。

続けようとしなくていい、ピタッとハマるものが見つかるまで。

(明日への課題を絶対に残すのを条件に!)

 

 

 

 

バーンアウト!

課題が多すぎて死にそうだったのに

課題が無さすぎて死にそうな今

ああ、人は何という矛盾の中で生きているのだろう。

そろそろ自分が燃え尽き症候群だということを認めて

受け入れ、解決方法に向かっていかなければ。

 

課題を作ってもそもそもやる気自体をどう作って行くかの方が問題なんだけどなー

好きなことから、小さい目標からなんて書いてあるけど

それを誰に相談したらいいのやら。

なんか面白い方法がどこかのサイトで書いてあった。

途中で作業をやめて、明日に残す、ということ。

例えば、あなたが物書きをしている場合、

「二人は幸せに暮らしたとさ。」で終わるところを今晩は

「二人は幸せに」までで筆を止めて、続きは明日やる、ということ。

こういうことまでしないともう病気なので。

でもこれは一理ある。

これまでの習慣だと一気書き終えて

いかに次の課題に取り組む時間を確保するか、さらにはリラックスする時間を作ってみたい

なんぞ考えていたが

これは厳禁です。

興味のある課題を作り、終わらせない方法を考えるということだ。

 

つづく

 

 

 

 

写真秘話

ウェブサイトで今まで使っていた写真はなんと10年前のもの笑

さすがに。

ということで10年後も撮影して公開するのかな、老化は恐ろしや。

今回もでっきるだけ修正をお願いいたしました 笑