ダリ展

芸術の秋

ということで

前売りも早々に買って

やっと行って来れました。

ダリは画家だけでなく、彫刻、舞台や衣装、映画、アクセサリーなども手掛けていたんですね。

凡人よりちょっとすごい芸術家ではなく、本当に天才だったんですね。

第二次世界大戦でNYに渡ったことがよかったことなど

わりと時代の変動の波にうまく乗っかって

生きてきたんだと思います。

今回の展示では全く触れていなかったけど

おそらく音楽とも深い関わりがあったんじゃないかなと思う。

友達?のチェロリストを描いたり

だいたい人間の模様がピアノの鍵盤になっていることも多かった。

あと、時計がぺろ〜んとなってるのや、鍵、蟻が多かったのは

なぜだろう。

学校を退学になってから表現が自由になり、

広島長崎に落ちた原爆を受け原子絵画となり

化学、物理に影響され

最愛の伴侶が先に亡くなると

もう絵も描けなくなる。

まっすぐな素敵な人だったんだろうな。

 

 

私?

全く才能がなく退屈でしかたなかった美術の授業。

なにせ目からの情報量が圧倒的に少ないため

遠近法なんて何度教えてもらっても

書けなかった。(いまだにりんごの絵すら描けません汗)

申し訳ないんけど、印象派なんて、胎教用モーツァルトのごとく眠くなる。(お花畑なんかは結構キツい)やっぱりバッハ、ベートーベン。

そんな退屈な美術の授業でも

初めてダリの十字架の聖ヨハネのキリストを見た時に

本当に驚いた。

 

大学生の時にヨーロッパでたくさんの有名な絵画を見てきた。

その時はシャガール美術館がすごくよかった。心に一番残った。

もちろん、最後の晩餐は呆然と立ちすくしてしまったが。

 

私は、歴史や背景、なぜそうなったのか、などがわかんないと

まったく頭に入ってこないタイプなので

音声ガイドをレンタルして、じっくり鑑賞してきました。

http://salvador-dali.jp

 

おまけ:何度見ても。この弓になりたい❤️

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s