認識の違い

例えば、「魔法使い」と言われた時、まず何を思い浮かべますか?

「三角帽子」

「ほうき」

「魔法スティック」

などなどがわかりやすい例かなと思います。

実際、姉や母親に聞いた所の答えなので、彼女たちは視覚優位です。

私の場合は、

「ビビディバビデブ」。

そう、やっぱり私は聴覚優位なんだと思うんです。

考え方も面ではなく線、

全体の関連性よりも時間を追って段階的

しかしビジュアル記憶に乏しいため

人の顔を覚えにくい(これは職業病上解決済み)

あまり図で認識をすることもできず

見たものの記憶に乏しい=絵が下手すぎる

その代わり、目で見て確認しなくても音で確認できるので、

忙しい時には便利。

考える時に目がキョロキョロする、下を向く。

自問自答、独り言が多い。

何よりも、耳で覚えるのが早い。

論理的に話してくれなきゃいやだし。

視覚優位の生徒さんには視覚優位の考え方にあわせなきゃいけないんだけど

「先生の話、聞いてた?」

となってしまう笑

 

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s