Night Cruising

「伸治のファンの方ですか?」

「はい、いつも大好きで聞いていました」

「わざわざ会いに来てくれてありがとう。わたくしは伸治の母です」と言って、その場から少し離れてくれた。

私に二人だけの時間をくれた。

 

私は、佐藤伸治くんと最初で最後の挨拶とお別れをした。

隣にはまだお墓がたてられていなかったが

親戚が入るという。

 

「一人で来たんですか?どこからですか?もう帰りの電車ありませんから、うちの近くの葛飾の駅まででいいなら、送って行きますよ」

とお母様は親切に声をかけてくれた。

横に立っているお父様は、伸治くんそっくりだった。

とても厳しそうな方だった。

 

私は葛飾まで車の中では相当緊張していた。

途中、お母様が、「伸治が好きだった公園に連れて行ってあげましょうか、アルバムのジャケットになったスポット。伸治はその大きな岩でよく作曲していたようです。」といって公園に車をお父さんは走らせた。

その大きな岩を見た瞬間、ここで次々と曲が生まれたんだな、

ここに、座ってたんだ

とジーンときた。

私も岩に上り、お母様が写真をとってくれた。

 

それから電車に乗って家に帰ったんだろうけど

記憶がない。

極度の緊張と悲しみと悔しさと

あなたに会えた嬉しさと

あなたのすばらしい音楽とで

よくわかんなくなってたんだと思う。

 

Fishmans ‘Night Cruising’

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s