そのつづき

至福の時間

という表現は合わない。

生きるための時間

である。

 

ほんとうは、もう何もかもどうでもよくなってしまっているのかもしれない。

もちろん、仕事は誠心誠意やります。

 

他になにもいらない。

といったけど、

やっぱりあとひとつ。

どうしても、

お礼をさせてほしいのだ。

いつか、かならず、届くまで。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s